煮沸した水道水ってどのくらいもつの?保存方法の種類も

スポンサーリンク
ライフスタイル

最近は皆さんの健康に対する意識が高まり

お水を飲む機会が増えていることと思います

お金に余裕のある方は

お水はペットボトルのものを買って飲んでいたり

ウォーターサーバーを契約していたり

浄水器などをつかったりできると思います

ですが、「お金に余裕はないけど、水道水そのまま飲むのは抵抗があるし…」

という方は煮沸したら水道水って

水道水そのまま飲むよりまだマシなのか?と

煮沸した水道水を飲んでいる方もいるのではないでしょうか?

そうなると疑問が出てきますよね?

それは「保存期間」「保存方法」

ということで今回は

「煮沸した水道水の保存期間はどのくらいなの?」

長持ちする保存方法がある?」

という疑問に答える記事になります

答えに対しての「なんで?」の理由についても説明していきます

煮沸した水道水ってどのくらいもつ?

結論から言うと

煮沸消毒した水道水は長持ちしないのでできるだけ早く飲むまたは使用しましょう

なぜかというと

水道水には雑菌が繁殖できないよう

水を長持ちさせるために塩素などが使われています

水道水をそのまま飲んだ時に嫌な風味をかんじたことないですか?

その嫌な風味の原因がまさに塩素なんです

そこで煮沸することによって塩素がとりのぞかれ

クリーンな水になるわけですがそうなると雑菌が繁殖してしまいます

ですが人間には抵抗力があるので多少の雑菌でおなかを壊すことはないですが

雑菌は目には見えないのでどのくらい増えたかなんてことはわからないです

安全のためにも水道水以外の水は長持ちしないという認識をもつのが大事なので

冷蔵庫保存でも2日、3日くらい

料理でなどで加熱して使用する場合はプラス1日~2日できるだけ早く

使用してしまった方がいいというわけです

煮沸した水道水の保存方法は?

冷凍保存

煮沸した水道水の保存方法として長持ちするのは冷凍保存です

なぜ冷凍保存かというと

雑菌はマイナス18℃以下で活動を停止すると言われているためです

活動停止するということは雑菌は繁殖しないので

冷凍保存が長持ちさせる方法ですね

冷凍保存としては氷として使用するのが最適なんではないでしょうか?

冷蔵庫保存

飲み水として冷凍保存するのはおススメしません

冷凍保存が長持ちするからといって

まとめて煮沸した水道水を冷凍保存してまで

使うときに溶かしてまた水として利用することはかなりめんどくさいので

その都度煮沸して冷蔵庫保存が1番最適なんではないのかと思います

常温保存

冷蔵庫保存したものを常温で飲みたいというかたは常温保存はおススメできません

湯冷ましするとその間に雑菌などがかなり繁殖してしまうからです

滅菌消毒された容器に密閉するなら話は別ですが…

どうしても常温でのみたければ衛生上

ペットボトルなどの密閉された容器に入っている

水を買って飲むことをおススメします

まとめ

• 煮沸消毒した水道水は長持ちしないのでできるだけ早く飲むまたは使用しましょう

• 冷蔵庫保存が最適

• 冷蔵庫保存の保存期間は飲料として2日~3日、加熱使用でプラス1日~2日

• 冷凍保存は長持ちするが飲み水として保存するのは適してない

• 冷凍保存を考える場合は氷として使用したほうがいい

• 常温で飲むならペットボトルの水を

今回は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました