伝え方で損してない?少し自分が変わるだけで自分が有利になる伝え方のコツ

スポンサーリンク
自己啓発

あなたの伝え方は適切ですか?

間違った伝え方をしてしまって相手を不快にさせてしまっていませんか?

言葉をストレートにいってしまって後で後悔してしまったり

お願い事を聞いてもらえなくて失敗してしまったり

みなさん1度はあるかと思います

とはいえ

「自分の言い方、伝え方なんてもともとこういう性格だから変えらんない」

っておもってませんか?実は少しの努力で変えられるんです!

伝え方1つで自分が有利になる伝え方ってあるんですよ!

伝え方で有利な状況になるなら使わない手はないですよね

ということで今回は伝え方の手段を説明していきます

話をする前にすこし立ち止まってみる

あなたはストレートに自分の伝えたいことだけつたえて

失敗したことはないでしょうか?

例えば書類作成が間に合わないとして誰かに手伝ってもらう場合

「書類作成手伝って」とだけいっても

相手も自分の仕事がありますから

「自分の仕事忙しいし無理」

って言われてしまいます

自分にメリットあることだけ相手につたえても

相手が素直に聞いてくれるわけがありません

自分の頭で思ったことをそのままはなしてしまう前に

少し立ち止まって言葉を考えましょう

ポイントは相手のことを考えてはなしてみることです

先ほどの「書類作成手伝って」だけではなくて

「自分は書類作成ニガテなんだよね、でもあなたの書類作成って早いし丁寧だから書類作成手伝ってもらえない?自分も勉強になるから」と伝えるとどうでしょうか?

ちょっと手伝ってやろうかな?っておもいませんか?

ほんと少し付け加えるだけで格段にYESの確率あがりましたよね

伝えかたは相手を主体に考える

相手を主体に文面を考えましょう。

自分のお願いをきいてもらいたければ、自分の中にこたえなんかないです

相手の中にこたえはあります。

どういうことなのかというとボクの場合は

自分自身が本が好きなので本屋さんに行きたいと妻に言いたいとしたら

ボクは本屋さんに行きたい

妻は服を見たりするのが好きなのでと相手の好きなことを考えます

ただ本には興味はないな

ここで「本屋行きたいから行こう」では

誘われた妻はついてくるかもしれませんが「本なんて興味ないしな…」と思うかも

そしたらこう提案します

「あ、そういえばあのデパートに入ってる○○って店って

妻に似合いそうな服ありそうだからみにいかない?」

と言ってみるとどうでしょうか

こころよくついてきてくれるとおもいませんか?

ここで妻のメリットと自分のメリットが同時に叶います

つまりお互いWinWinなわけです 

なので相手を主体に文面を考える

相手の中に”答えがある”とはこういうことなんです

承認欲求をうまく活用しよう

人の心の中には人から認められたい欲求があります

つまり承認欲求を刺激してあげると意外と簡単に頼み事が通ります

たのみごとをするということは相手にとってはすごくめんどくさいことなんですが

人は無意識に人に認められたいとおもっているので

人に認めてもらうことで多少のめんどくさい頼みも聞こうかなとなってしまうんです

たとえば

「残業頼める?」とだけたのんでも「今日は帰りまーす」ってすんなりかえってしまうでしょう

ではここで承認欲求をプラスしてみます

「君は仕事が早いしボクにないスキルをもってる!

ボクだけの力ではこの仕事終わらせられないから二人でやれば早く終わるとおもうんだ

君のスキルが必要なんだよ!仕事お願いできないかな?」

と言ってみるとどうでしょうか

「ちょっとめんどいけどそんなに俺が必要なら手伝ってやるか」となるはず

ここでは相手を大げさに少し褒めすぎかな?と思うくらいになってもいいです

ポイントは認めることです

このように承認欲求をくすぐって伝え方を少しかえるだけで相手の行動を促すことができます

感謝も必ず伝えよう 

感謝もわすれてはだめですね

いつもの会話に感謝の言葉を添えてあげましょう

例えば家事を休みなくしてくれる妻に

「いつも家事をやってくれて感謝してるよ!いつもありがとう!」

といってあげましょう

感謝していると思っていてもコトバにして伝えないと絶対伝わらないので

照れ臭くていえないって方もそんな無駄な感情は捨てて

勇気をだしてぜひ言ってみましょう

もしかしたら、夕食のおかずが一品増えるかも…笑

この感謝を伝えるコトバは

「自分のことを見ててくれるんだ」

と承認欲求をも満たします

周りがしてくれることにも1度立ち止まって考えてみると

自分がいかにまわりに助けられて生きているかが分かりますよね

自分1人では生きていけないということを意識すると

おのずと感謝のコトバは自然に出てきますので

どんどん使いましょう

自分が変わることで周りの人も変わっていく

このように上記の伝え方を意識して日々生活していくと

自分で変化が実感できるくらいに周りが変わりだします

あまりしゃべったことがない方としゃべるようになり仲良くなったり

周りの方が優しくなったり

伝え方を少し変えると自分への信用も生まれて

心も開いてくれて友好的な関係を築くことができて

毎日が格段に過ごしやすくなります

行動力に関してはコチラ

まとめ

• 話をする前に少し立ち止まって考える

• 伝え方は相手を主体に考える

• 承認欲求を活用する

• 「ありがとう」と感謝も忘れずに

結果

自分自身が伝え方を意識し少し伝え方を変えるだけで

周りの人でさえ変わっていき自分自身が毎日を過ごしやすくなり

有利に立ち回れるということですね

この伝え方を使わない手はないので

明日からといわず

今日いまこの瞬間から使っていきましょう

時間は有限なので皆さんがこれからの限られた時間を

有意義にすごせますようにと思います

それではこの辺で

さようなら~

コメント

タイトルとURLをコピーしました