不可能を可能にする思いこみの力で思考を現実にする方法

スポンサーリンク
自己啓発

皆さんは日々の生活の中で

「これをやるのは無理だ」

「働いていて休みも少ないし忙しいから趣味なんて…」

「この仕事量はやり切れない」などと

思ってあきらめたり、やりたくてもできないし

一方的に自分で無理と決めつけていないですか?

自分で行動に制限をかけたり、無理とおもいこんでいることでも

思いこみの力を正しく利用し使いこなすことで

できないことを減らしていくことができます

今回は普段あきらめてしまっていること

無理だと思っていることも少しでもできる人になってもらうための記事です

それではこの”思いこみで不可能を可能にし思いこみの力の使いかた”を

詳しく説明していきます。

思いこみが物事を不可能にも可能にもする

思い込みというものは人によってバラバラです

なぜバラバラなのか?というと

幼少期、少年時代、青年期などで

似た境遇の人はいるかもしれませんが

全くほんとに完璧に同じ境遇の人生を歩んできた人なんていないですよね?

思い込みは個人1人1人の経験から作りだされる感情だからです

良くも悪くも思いこみで結果が変わる

思いこみという感情はかなり危なくもあります

たとえば、英語学習についての話だと

悪い方向にいってしまう例

• 「英語なんておぼえったってそもそも自分は日本人なんだから」

「てか英語難しいしペラペラしゃべれるようになるまで自分はなれない」

このように思い込んで無理だとあきらめてしまうと

結果:今後の可能性を自らつぶすことになります

無理!できない!とあきらめたりしたらそこから先へは進めません

良い方向にいく例

• 「英語学習して外国人としゃべれるようになりたい」

「いまの世の中は国際社会だし英語は必須」

結果:このように思いこむことで英語を学習するために

考えて行動し、英語がしゃべれる自分に近づくことができますね

そして万が一に失敗しても

英語学習につかった時間や行動、経験はムダになることはなく

自分の財産として自分の経験に積み上げられていきます

効果的なインプット方法はコチラ

ポジティブなことを思い込む

ポジティブなことを考えて損することはないかと思います

「でも自分はマイナス思考だし」などと思い込まないことです

かといって人はいままで積みあげてきた経験を変えるなんてことは難しいです

とはいえこのままのマイナスなマインドでは変化できないですよね

じゃあ逆に質問させてください

”マイナスなことを考えていい方向にプラスになることはありますか?”

ハッキリいいます!プラスになることはありません!

なのでプラスになることを思い込んでください

「でも」「だって」というワードは使わない

「でも」「だって」という言葉は直接つぎにつながる言葉があります

それはやらないできないという言い訳です

「でも」「だって」は使わないことをオススメします

てか禁止してください

「むずかしい」「むり」「わからない」は思考停止

「むずかしいから考えなくてもいいや」

「自分には無理だから考えたくない」

「わからないから考えたくない」

このように「どうしたら目標を達成できるのか…?」

ということを考えなくなってしまいます

つまり思考停止してしまいます

「むずかしい」「むり」「わからない」というワードも禁止しましょう

このように皆さんもポジティブなことを選択し行動をしてみてください

ポジティブなことを思い込むことで自分の思考を現実に近づけることができます。

思考を現実にする方法

思い込みの重要性とポジティブマインドで

自分の思考を現実に近づける方法は理解できたかとおもいます

さて次はいよいよ

思考を現実にする方法をもっと細かく説明していきたいとおもいます

目標達成のコツに関してはコチラ

目標を立ててみよう

今皆さん達成したい目標があるはずですので

アタマのなかで思い浮かべてみてください

メモに書き出してもらっても構いません

浮かびましたか?

その目標を思い浮かべてまず1年後のリアルなアナタを想像してみてください

たとえば

• 禁煙したいなら、1年後ノンスモーカーで生活しているアナタ

• 英語学習をしたいなら、1年後外国人と会話をしているアナタ

このように具体的に想像し思い浮かべることで

この目標のために次にどのような行動をすればいいのかがわかってくるかと思います

そして禁煙ならノンスモーカーだ自分は!と自分に言い聞かしてください

これを毎日繰り返し言い聞かせます

すると繰り返すことで脳が自分はノンスモーカーだと思いこみ

タバコがやめられる方向に向かっていきます

あっいま胡散臭いとおもいました?ボクはこの方法で禁煙に成功しています

ここで注意点があります

あまりにも現実から離れた想像をしてしまうと達成から遠ざかってしまいます

たとえば

現実は年収が400万だとして「年収をあげたい!」と思っていたとして

目標は1年後に年収100億だなと目標を決めてしまうとどうでしょう

年収400万の方は年収100憶のイメージが想像がわくでしょうか?

イメージできないんではないでしょうか?

最終的に100憶っていう目標ならいい目標ですが

なので1年後の未来の自分が

イメージができないことはしないことです

1年後の自分をイメージし思い込むことで理想は現実になる

「理想の自分になりたい!」と思っているなら

理想の自分になるためには?と思って行動しますよね?

このように1年後の自分を想像し思い込むことで

理想としている自分がイメージしやすくなり

イメージしたことによって1年後の理想の自分になるための行動が明確になります

そしてこの思いこみにより行動するので

この理想が現実に追い付いてくる

そして1年後には理想は現実になるということです

行動力に関してはコチラ

まとめ

この”不可能を可能にする思いこみの力で思考を現実にする方法”ということでお話しましたが

いかがでしょうか?

もう1度簡単におさらいします

• 人間の思いこみという感情は日々の生活にかなりの関わりがあること

人生を左右する感情

• ポジティブなことを思い込んでプラスになることを選択していきましょう

• 「でも」「だって」「むずかしい」「むり」「だって」に続くのは

マイナスな言葉しかでてきません。つかわないようにしましょう

• 1年後の理想な自分を実現するために

1年後の自分を具体的にできるだけリアルに想像して

理想の自分に今からなってしまいましょう

そして1年後の自分になっていると思いこみましょう

理想と現実のギャップは1年後の理想の自分を現実にするための行動で

理想が現実に追い付いてくるので

自分の思考が現実になるということですね!

皆さんの悩みが少しでも取り除かれることを

心より望んでます

ということでここまでお付き合いいただきありがとうございました!

それではこの辺で

さよなら~いおんっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました